nlpのトレーナーになって社会に役立とう|需要のあるもの

男性

団体選びのポイント

スーツの人達

経歴をしっかりチェック

1970年代にアメリカでの研究から始まったnlpは、心理療法として用いられたり、コミュニケーショントレーニングのツールとして使われたりすることがあります。今では日本でもnlpの団体が増えていて、セミナー開催だけでなく書籍やDVDの販売も行われています。nlpのトレーニングを受講して、ビジネスの場などに活用できるように一生懸命に勉強している人もいます。しかしどの団体でトレーニングするかはとても大切であり、トレーナーによって大きな影響が出ます。nlpは心を扱う訓練なので、安心して学べるトレーナーを選ぶ必要があります。トレーナーのトレーニング受講歴などプロフィールをしっかりチェックしてから、受講団体を選ぶと良いでしょう。

担当者が決まっているのか

コミュニケーショントレーニングとして注目されているnlpですが、現在では国内でも関連する団体が増えています。特にnlpのトレーニングを初めて行う人にとっては、どの団体で受講すれば良いのかとても悩んでしまいます。nlpトレーニングの受講料の相場は30万から40万円といわれているので、あまり失敗はできません。受講先を決めるポイントは、ずばりトレーナーにあるでしょう。色々な団体でトレーニングを積んで、研究熱心なトレーナーなら安心感があります。しかし優秀なトレーナーがいても、その人からトレーニングを受けられなければ効果は出ません。そこで担当トレーナーをしっかりチェックできる団体を選びましょう。担当トレーナーをわざと記載しなかったり、たくさんの名前が記載されていたりするところは避けた方が良いでしょう。

まずは進学を

レディ

社会福祉士は国家試験のパスが必要になること、また実務研修が必須であることが求められます。この場合、専門学校や大学への進学が有利です。新潟県内にも複数のこうした学校がありますが。働きながら進学を目指す場合は通信課程の選択も出来ます。

読んでみよう

言葉のリハビリの専門家

カウンセリング

言語聴覚士は失語症や吃音、聴覚障害など言葉による意志の疎通に障害を持つ者の機能回復訓練や検査・指導などを行う専門職です。国が指定した大学・短大・専修学校等で学び、国家試験に合格すると資格が得られます。

読んでみよう

役に立つ資格を取りたい

男女

資格を取得するためには、それなりの費用と時間を注ぎ込む必要があります。就職に直接結びつかないような資格を取ってもあまり意味がありませんが、社会的需要が高い将来性のある資格なら、頑張って取るだけの価値があります。新潟で今一番人気になっているのは、福祉系国家資格の一種である社会福祉士です。

読んでみよう