言葉のリハビリの専門家|nlpのトレーナーになって社会に役立とう|需要のあるもの

nlpのトレーナーになって社会に役立とう|需要のあるもの

文房具

言葉のリハビリの専門家

カウンセリング

国家資格を取得して活躍

現代の医療はチーム医療が主流となっており、医師や看護師の他にも検査・治療・リハビリなどさまざまな分野におけるスペシャリストが互いに協力し合い、業務を分担しながら仕事を進めています。言語聴覚士もまた、そうしたチーム体制に欠かせないリハビリテーション専門職の1つです。言語聴覚士は、話す・聞くという言語コミュニケーションの障害に関する検査や機能回復訓練に携わる専門職です。1997年に制定された比較的新しい国家資格で、保有者が少ないことから資格を取得しておけば多くの分野で活躍できる可能性があります。言語聴覚士になるには、国が指定した養成学校で学んだ後、国家試験に合格する必要があります。養成学校は大学・短大・専修学校で、学習期間は高等学校卒業者の場合は3〜4年、大学卒業者の場合は2年です。

小児から高齢者までが対象

言語聴覚士が担当する障害は、非常に範囲が広いのが特徴となっています。訓練を行うべき相手は発達遅滞の状態にある子供もいれば、老齢を理由とする失語症に悩むお年寄りもいます。また、障害の原因も器質的なもの(聴覚障害など)もあれば心理的なもの(吃音など)もあるといった具合に、多岐にわたります。言語聴覚士は、患者1人1人の状態を的確に理解し、必要なサポートを行います。口や舌のトレーニングと言った肉体的な訓練を行わせることもあれば、絵や記号を使った言語以外のコミュニケーションによって心理的な緊張緩和を促すこともあります。また、医師と協力して補聴器や人工内耳等の調整や使い方指導などを担当することもあります。