役に立つ資格を取りたい|nlpのトレーナーになって社会に役立とう|需要のあるもの

nlpのトレーナーになって社会に役立とう|需要のあるもの

文房具

役に立つ資格を取りたい

男女

資格の将来性を考える

民間資格も含めると、数え切れないほどたくさんの資格があります。試験の難易度に差はありますが、どのような資格を取る場合でも、全く勉強せずに試験を受けるわけにはいきません。経済的な理由や時間の都合などで独学で受験勉強をする人もいますが、資格試験対策講座のある専門学校や大学に通う人の方が多くなっています。学校に通う場合は学費がかかりますが、独学で勉強するよりも早く確実に必要な知識を身につけることができます。新潟には資格試験対策講座がある専門学校や大学が複数存在しており、新潟市内からだけでなく、新潟県内全域から多くの人が通ってきています。ただし同じ新潟県内でも上越地方から新潟市まで通うのは大変であるため、市内にアパートを借りて移り住むケースが多いです。資格取得のために注ぎ込む学費や生活費のことを考えると、就職に直結するような将来性のある資格を取りたいと考えるのがある意味で当然です。これから引っ張りだこになる資格として今最も注目されているのは、社会福祉士の資格です。

どのような資格なのか

社会福祉士は、福祉系国家資格の一種です。一般に、介護福祉士・精神保健福祉士・社会福祉士のことを三福祉士と呼んでいますが、いずれも何らかの事情で自立して社会生活を営むことができない人を援助する専門職です。ただし、この3種類の中でこの先最も需要が高くなるのは社会福祉士だろうと考えられています。なぜかというと、社会福祉士が活躍できる場は、介護福祉士や精神保健福祉士よりも多いからです。社会福祉士は、しばしばソーシャルワーカーという名称で呼ばれていますが、昔は無資格者でもソーシャルワーク業務を行うことができました。しかし、国が社会福祉制度の整備を進めていく中でより高度なソーシャルワーク業務が求められるようになり、社会福祉士資格の取得を必須にする場面が増えました。社会福祉士は。高齢者福祉施設や障害者福祉施設だけでなく、児童福祉施設、各種行政施設、学校、病院などで大活躍しています。また、弁護士や司法書士と並び、成年後見人にもなることができます。